カテゴリー “ゲーム業界観察” の記事

2017年を振り返って…。

2017年12月29日、金曜日

みなさんこんにちは!

Teyon Japanは本日が仕事納めです。
今年も残りわずか。時間が過ぎるのは早いですね…。

今年は昨年よりもゲーム業界が盛り上がったと感じてます。
それもそのはずです。全く新しいコンセプトの家庭用ゲーム機「Nintendo Switch」が
市場に登場しましたからね!

HFF

【Nintendo Switch】
任天堂さんとの面談で、Nintendo Switchについて詳細を色々と
ご説明してもらった時に、「コレは絶対に売れる」と思いましたが、
正直、品薄になるまで需要が増えるとは思いませんでした。
成功に悲観的な意見もあった中、発売一年を待たずに世界累計販売数が
1000万台突破したんですから、いやほんとアッパレですよ!

ソフトの少なさを心配する必要はありませんが、逆に多すぎてeショップが
パンクしないかちょっと心配です。もちろん、ゲーム機ですから
遊ぶゲームが無ければ話になりませんけどね。

【開発者・販売者サポート】
Nintendo Switchソフトはニンテンドー3DS・Wii Uの何倍も
開発・販売が容易になりました。詳しくは書けませんが、
ニンテンドー3DS・Wii Uの場合は色々と必須プロセスが多いんですが、
Nintendo Switchではそれが一新され、スムースに進行することが
可能になりました。発売、発売予定のNintendo Switchソフトが700本を
超えたのは、この新しいプロセスが一役かってるはずです。

開発機もニンテンドー3DS・Wii Uと比べると何倍も扱いやすいです。
ノートPCがあれば、いつでもどこでもソフト開発できますし、
QAテストもいつでもどこでもできるんです。(する人はあまり居ないと思いますが…。)
価格的にもかなり手に入れやすいです。当初は数が少なくて順番待ちでした。
弊社のパートナーさんは注文から配送まで3ヵ月かかってました。

【タイトル】
新規タイトルは少なく、PCや他プラットフォームからの移植は確かに多いですが、
これもNintendo Switchの魅力の一つだと思います。
新規タイトルを望む声はあります。しかし、知られていない良作・旧作ゲームを
Nintendo Switchで遊びたいという意見は沢山聞きます。

弊社は今年Nintendo Switchタイトルを2本発売しました。他社さんと
比べるととても少ないですが、皆様に楽しんで頂けるゲーム内容だと思ってます。

【Teyon Japanの今後】
海外タイトルを日本に持ち込むことが弊社の“基本”となっていますが、
海外タイトルだけで日本を染めたくはありませんし、
日本のインディー開発者様や他企業様と協力して、日本のゲーム産業発展に
貢献できればと思ってます。

自社タイトルの開発にも力を入れたいですね。というか始めたいです!
出資元TEYONのタイトルではなく、「Teyon Japan」のオリジナルタイトルを
開発したいんです!

もちろん、今後もユニークな海外ゲームを皆様にお届けしていきますので、
引き続きご支援のほど何卒、宜しくお願い申し上げます。

それでは皆さん、今年も大変お世話になりました!!
年末年始もゲームを遊んで盛り上がりましょう!

オープンワールド物理パズルゲーム『ヒューマン フォール フラット』と
2Dローグライクアクション『タロミア』の配信が昨日より始まりました!

バナー

『ヒューマン フォール フラット』
価格:1500円(税込)

『タロミア』
価格:700円(税込)

どちらもお求めやすい価格ですので、ぜひ遊んでみてください!!

それでは、また来年!(^^)/

Teyon Japanホームページ&公式ソーシャルネットワークサイトのチェックを忘れずに!
公式Twitter公式Youtube公式facebook公式Google+
ヒューマン フォール フラット 紹介映像

タロミア 紹介映像

Project NX

2015年3月20日、金曜日

みなさんこんにちは!

今週はゲーム業界を賑わすニュースがありました。任天堂株式会社さんと株式会社ディー・エヌ・エーさんが共同記者発表会を開き、業務・資本提携の合意を発表しました。発表会では任天堂のIPを活用したモバイル向けゲームの共同開発、運営および、PC、スマホ、タブレットなどに対応した会員制サービスの共同開発が発表されましたが、中でも一番の注目は、任天堂さんが現在開発中だという新しいゲーム専用機「NX」の存在が明らかになったこと。

Untitled

このニュースは海外でも話題になり、海外のメディアも直ぐに記事をアップしました。日本同様、海外でも任天堂さんのモバイル向けゲーム展開についてユーザーから賛否両論が繰り広げられましたが、新ハード「NX」に関してはビッグニュース扱いで、海外のビデオゲームフォーラム「NeoGAF」ではどのようなゲーム機になるのか、ユーザー達が意見交換を行っていました。

今回は、そんな海外ユーザーの意見交換を少々紹介したいと思います。
(● = ユーザーの投稿、↑ = 他ユーザーのレス)

● 任天堂が全く新しいコンセプトのゲーム専用機プラットフォームをコードネーム「NX」として開発中であると発表した。DeNAが任天堂に新しいポリシーを加えたのは確かだが、任天堂の「ゲーム専用機を作る」という概念は変わらないだろう。したがって「NX」はスマートフォンではない。

● 個人的な予想だけど、任天堂オリジナルのCPUとGPUを搭載し、コントローラと一体型になったタブレットだと思う。画面をワイヤレスでTVに送信できる。

● HDMI出力とエクストラGPUが搭載された携帯用ゲーム機かな。

● 3DSの後継者だ!
↑ Newニンテンドー3DS NXか。

● NXは岩田社長が言ってた「スマートデバイスとゲーム専用機をつなぐ一体型メンバーズサービス」のコア的存在になるんじゃないかな。

● バーチャルリアリティ・ハードじゃない?
↑ それはやめてほしいな。

● スマートデバイスとゲーム機が一体型になった「ハイブリッドゲーム機」だと思う。携帯電話みたいに持ち歩いて気軽にゲームでき、TVとつなげてゲームを遊ぶこともできる。

● ズバリ「ニンテンドーXtreme」

● N = にほん、X = exclusive(独占)ではないことを祈る

● AndroidやiOS用のゲームが遊べるゲーム機。

● 「N」はニンテンドーで、「X」はクロスオーバーの意味。従ってNXはハイブリッドゲーム機!1台のゲーム機で全てのデバイスをカバーする。
↑ ハイブリッドならスクリーンはOLEDの1920×1080でお願いします。
↑ NXはただのコードネームだから、コードネームから新ハードを予測するのは難しいと思う。
↑ Wii Uの時は「Project Cafe」で、みんなどんなゲーム機か出るか予想できなかったけど、今回のNXというコードネームは任天堂が意図的にだれでも予想できるようにしたのかもよ。
nintendo-cafe-concept-large

● 何年も前から次世代機は携帯電話になるって言ってなかった?スマートデバイスとゲーム専用機をつなぐってことは携帯電話では?
↑ 任天堂とDeNAはスマートデバイスとゲーム専用機をつなぐメンバーズサービスを始めるんだよ。

● 今年のE3は去年よりも確実にエキサイティングなイベントになるな。
↑ だろうね。これから「NX」について色んなウワサが飛び交うだろうし、具体的な内容は来年発表ってことだけど、任天堂はE3で確実に「NX」について何か晒すと思う。

● コードネームおさらい。Project VR32 = バーチャルボーイ、Project Reality = ニンテンドー64、Project Atlantis = ゲームボーイアドバンス、Project Dolphin = ゲームキューブ、Project Nitrogen = ニンテンドーDS、Project Revolution = ニンテンドーWii、Project Citrus = ニンテンドー3DS、Project Cafe = ニンテンドーWii U、Project NX = ?

● Wii Uの後継機。2016年に発売してくれー!
↑ Wiiが発売されたのは2006年、Wii Uは2012年だからもしNXがWii Uの後継機だとしたら2018年に発売の可能性。

● 3DSやWii Uの後継機とかではなと思う。「全く新しいコンセプトのゲーム専用機」ってことだから、全く新しいゲーム機になるだろう。3DSやWii Uではバーチャルコンソールで旧作を楽しむことができるから、この次世代機「NX」でもそれは可能になると思う。もしかしたら、ニンテンドー64やゲームキューブのタイトルを遊ぶことも。

● NXって名前スキだな。このままキープして正式に使ってくれないかな。
↑ 同意。なんか任天堂って感じするし、「ニンテンドーNX」っていう響きがいい。
↑ NXはNEXUS(ネクサス)って意味かもよ。「ニンテンドーNEXUS」か。なんかカッコイイ。
↑ おいおい、「ニンテンドーNEXUS」は10年以上前にコンセプトがあったぞ!
Nintendo Nexus

● Emily Rogers(エミリー・ロジャーズ:海外の任天堂製品やニュースを紹介するマガジン「Nintendo Force」に記事を提供するブロガー)が2017年に任天堂から家庭用と携帯用のゲーム専用機2台を発売するって予想してる。
↑ だとしたら、両方ともユニファイドアーキテクチャを使用しDeNAと共同運営することになるオンラインメンバーズサービスに対応すると思う。
↑ Nexusが名前になるかどうかは分からないけど、もしNexusだとして任天堂がゲーム機を2台同時に発売ってことになると、家庭用が「ニンテンドーNexus」で携帯用は「ニンテンドーNexus Go」か?

● 携帯用ゲーム機なら60fpsでWii U並にしてほしいな。

● DeNAが任天堂IPを使用して開発・リリースされるAndroidやiOS用のゲームはGoogle PlayやApp Storeでは実際に買うことができないかもよ。GoogleやAppleと話し合い、任天堂とDeNAが共同で運営するサービスのみで購入が可能とかね。
↑ 逆に言えば、任天堂がこれまで守ってきたリージョンロックを解除するかも。
↑ 任天堂がリージョンロックを解除するとは思わないけど、可能性は否定できないね。これまで岩田社長は「任天堂IPはモバイル向けに使用しない」って言ってたけど、DeNAと組んでモバイル市場の参入を発表したからね。
↑ リージョンロックの解除はマジで嬉しいな。リージョンロックはWii Uと3DSの欠点だからね。

● 家庭用と携帯用が一体になったハイブリッドゲーム機を任天堂が開発するとは思わない。任天堂は既に3DSを携帯用ゲーム機として、Wii Uを家庭用ゲーム機として発売してるし、岩田社長も「全く新しいコンセプトのゲーム専用機」って言ってたからね。

● 同じゲームが遊べる携帯用ゲーム機と家庭用ゲーム機が2台同時リリースの可能性はあると思うが、この「NX」ゲーム機は、ストリーミングを目的したゲーム機、ハイブリッドゲーム機、電話型ゲーム機、タブレット型ゲーム機では絶対にない。個人的な意見だけど、一番可能性が高いのは、真新しいOSを搭載した3DSの後継機。2016年後半に発売開始されると思う。3DSの発売が始まったのは2011年だし、5年というちょうど良い節目じゃないかな。

● ゲーム専用機というだけで、家庭用か携帯用と判断するのは今は難しいね。もしかしたら家庭用でも携帯用でもない革命的で世界を驚かすようなゲーム機が登場するかもしれない。
(完)

全世界のゲーマーとゲーム会社が注目する任天堂さんの新ハード。任天堂さんのこれからの動向により多くの注目が集まると思います。新ハードがどのような物になるか分かりませんが、テヨンジャパンからも新ハード向けのタイトルをいつか発売できればな思います。
その前にWii U/PS3/PS4/XboxOne/PC向けのタイトルを発表できれば… (^^)

それでは、また次回!(^^)/

Teyon Japanホームページ&公式ソーシャルネットワークサイトのチェックを忘れずに!
公式フェイスブック公式ツイッター公式Youtube公式ニコニコ動画公式ミクシィー公式Google+