2015年11月 の記事

3DSソフト『ブルーキッド2』開発者インタビュー!

2015年11月6日、金曜日

みなさんこんにちわ!

前回のブログでお伝えした通り、今回は3DSソフト『ブルーキッド 2』の開発元Winterworks社から開発リーダー
Jörg Winterstein氏のインタビューを独占で公開します!

BlooKid_milestone

元々はモバイルゲームとして開発され、iOS、Android、Windows向けに昨年配信された本作。ニンテンドー3DSに移植され、つい先日に日本語版の配信も始まりました。日本でのリリースにとても興奮していたJörg Winterstein氏にチョット質問攻撃しました (^^)

――制作のキッカケは何ですか?
Jörg Winterstein(以下、Jörg):80年代に生まれた私は小さい頃からスクロールアクションゲームが好きで、日本のゲームが特にお気に入りでした。ゲーム好きだったのでゲーム作りへの興味は自然と湧いてきましたね。「ブルーキッド 2」は私が子供の頃に遊んだお気に入りのゲームをミックスしたようなゲームになってます。

――ニンテンドー3DSへの移植の理由は何ですか?
Jörg:当初スマートデバイス向けにリリースした「ブルーキッド 2」ですが、リリース後にこのゲームは仮想ゲームパッドよりも物理ゲームパッドで遊んだほうが楽しめると気づいたんです。何処でも簡単に遊べるという概念は残したかったので、ゲームパッドが付いた携帯ゲーム機であるニンテンドー3DSを選択しました。ネットでユーザーの意見を読んでいてニンテンドー3DSでプレイしたいという声も理由の一つですね。

――開発中、特に気を配った事は何ですか?
Jörg:雪の降り方や水しぶき、主人公が長距離移動した後にする息切れ仕草など、チョットした細かい所に気を配りましたね。細かい部分をイジることで、ゲームがもっとチャーミングになると思うんです。開発中は色々なアイデアが突然湧いてくるので、一方方向に進んでいるときに簡単に道に迷うんですよ(笑)。

――開発中、一番大変だった事をお聞かせください。
Jörg:ニンテンドー3DSに移植すること自体が一番大変でしたね(笑)。最近のスマートデバイスはニンテンドー3DSよりもスペックが高いので、ニンテンドー3DSにインポートした当初はメモリーの問題でスムースに起動しませんでした。画面解像度もスマートデバイスと同じ仕様にしたかったんですが、環境上の問題で断念しました。画面解像度の高いモバイル版ではステージに隠れたブルースターを簡単に見つけれると思うんですが、3DS版は画面解像度が低いのでチョット難しくなってますよね。それが理由で3DS版はカメラを上下に移動できる機能を搭載したんです。度重なる微調整を何度も繰り返してやっとスムースに起動するようになりましたよ。

joerg2 Jörg Winterstein氏

――逆に、一番楽しかったことは何ですか?
Jörg:問題を乗り越えて最後にゲームが正常に起動し、遊ぶことができた時の達成感は格別でしたね。頭の中にある全てのイメージが一つのマスターピースになって手に取ることができ、尚且つ楽しむことができる。達成感はホント頂点に達しました。日本でのリリースも控えていて任天堂さんから合格サインがでた時は頂点のさらに上を行きましたよ(笑)。

――日本でのリリースを決めた理由とは?
Jörg:ビデオゲームの出生地といえば日本。世界のビデオゲーム開発者が声を揃えてそう言うと思います。日本はビデオゲームの基盤を構築し、世界に“スタンダード”として広げ多大なる影響を与えました。そんな日本でゲームをリリースすることは私の夢でした。見た目で判断できると思いますが「ブルーキッド 2」は日本で開発・リリースされたスクロールアクションゲームから大きな影響を受けています。似たようなキャラクターから「パクリ」って言う方や批判的な意見を言う方がいるのは知っていますが、「ブルーキッド2」は私が小さい頃に遊んだ日本産ビデオゲームを詰め合わせたオマージュなんです。企業的ゲームではなく、個人的ゲームいう意味合いの方がしっくりくると思います。

――最後に日本のユーザーの皆さんへ一言お願いします!
Jörg:みなさんこんにちは!Jörgです!「ブルーキッド 2」は私にとって初めて日本でリリースするゲームです。ゲームには厳しい(?)日本の皆様からどんな評価や意見が聞けるか興奮してます。是非遊んでみてください!あ、あとファミ通さん!クロスレビューと記事の掲載ありがとうございます!

joerg1

Jörg Winterstein氏はWinterworks社のCEO。ドイツのゲーム業界で働いていた彼は自分好みのゲームを制作・開発するために独立。企画、プログラミング、コーディング、グラフィックデザイン、作曲、サウンド制作など全て自分で行う。人は彼を「何でも屋」と呼ぶ。

往年の日本産ビデオゲームのオマージュ的作品『ブルーキッド 2』はeショップにて配信中です!

それでは、また次回 (^^)/

Teyon Japanホームページ&公式ソーシャルネットワークサイトのチェックを忘れずに!
公式facebook公式Twitter公式Youtube公式ニコニコ動画公式mixi公式Google+
ブルーキッド2 紹介映像 (3DS)